初心者のための長期優良住宅情報サイト

長期優良住宅の補助金制度

長期優良住宅の補助金制度 一般的に長期優良住宅と呼ばれる住まいには、地震大国日本には欠かす事の出来ない地震に対する備えとして現在施行されている建築に関する法律建築基準法の1.25倍以上2等級とされる耐震性、高断熱高気密性に優れた省エネルギー4等級以上の他、住まいを長持ちさせる優れた通気性と建物構造材の防腐措置等が施された3等級、維持管理に関する容易性を表した3等級以上という長期優良住宅認定を受けるために必要な等級レベルを満たした住まいでなければなりません。
長期優良住宅制度で優良住宅と認定されることで所得税や登録免許税、不動産取得・固定資産税等税制優遇が受けられ、地震保険料割引や住宅ローン優遇を受ける事が出来ます。この長期優良住宅とする為に住まいの性能向上に必要な工事費用に対し設けられているのが補助金制度です。新築だけでなくリフォーム等補助金制度も様々、現在詳しい制度情報を紹介するwebサイトもありどのような制度が利用可能であるか事前にチェックされると良いでしょう。

固定資産税の支払いに有利

固定資産税の支払いに有利 生活の場となる住宅は、建物によって居住性や耐震性などに違いがあります。長期的に住むことを考えて、そういった性能を高めて快適に暮らせるようになっているものが長期優良住宅です。
これからの時代は資材やエネルギーを大切に使わなければいけないので、国は新築や購入で長期優良住宅を手に入れたならば固定資産税の減額を受けられる制度を整えています。一般の住宅が支払う固定資産税に対して、長期優良住宅であれば2分1を減額されます。それが戸建住宅であれば5年間、マンションなどであれば7年間も続きます、一般の住宅でも新築であれば減額措置がありますが、その期間は3年ですから2年も差があります。ただ注意しなければいけないのが、性能を高めるために建てる時間とコストが一般の住宅よりも多くなることです。減額される以上に支払いが増える可能性も否定できません。とはいえ、夏の暑さや冬の寒さに悩まされることが少なくなり、建物の老朽化もしにくくなるといった住心地の良さを手に入れることができます。税金の支払い負担が減ることも合わせれば、そういったデメリット以上のメリットを得られるでしょう。