初心者のための長期優良住宅情報サイト

長期優良住宅にまつわる法律

長期優良住宅にまつわる法律 2009年に施行された法律に、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」があります。長期優良住宅を認定するための基準や手続きなどが定められています。これは長期にわたって住宅を使用することで、廃棄物の排出を減らして環境負荷を抑制することを目的にしています。住宅を解体する際には大量のゴミが出てしまいますし、それを焼却したり埋め立てることで環境にも大きな負荷をかけるからです。優良な住宅を将来世代にも継承していくことで、より豊かな暮らしをつなげていくことにもなります。
長期優良住宅として認定を受けるためには、定められている一定の基準を満たす必要があります。所管する行政庁へ認定申請を行います。認定を受けることができれば、税制上の優遇措置などが受けられます。住宅ローン減税が拡充されたり、所得税の減税などが受けられます。認定基準には、耐震性・耐久性・バリアフリー性・可変性・維持管理及び更新の容易性などがあります。

設計面でも基準のクリアが必要

設計面でも基準のクリアが必要 近年、住宅の広告やチラシなどで「長期優良住宅」というワードを目にすることが増えてきました。長期優良住宅とは、長年にわたり安心・快適に過ごすことができる住宅を国が認証する制度で、平成21年にスタートしました。認定を受けるためには一定の基準を満たさなければならず、主な基準としては劣化対策や耐震性能が優れているのをはじめ、将来の間取り変更やバリアフリー化に対応できる設計であることや省エネ、環境に配慮されていることなどが求められます。
このような基準をクリアしている住宅は当然、一般住宅よりも暮らしやすいという大きなメリットがありますが、それ以外にも住宅ローン控除が有利になったり、登録免許税や固定資産税など各種税金が安くなるなどのメリットがあります。一方、建築業者によっては工事期間が長くなったり建築や申請に要する費用が高くなる面は覚悟しなければなりません。ハウスメーカーや設計事務所などを通すと申請費用が数十万円かかることもありますので、注意が必要です。