初心者のための長期優良住宅情報サイト

長期優良住宅の特典

長期優良住宅の特典 注文住宅を購入する際、多くの人が耐震性や省エネルギー性能などにこだわりますし、国が定めた一定の基準を満たす住宅を建てた場合には「長期優良住宅」に認定され、税制上の優遇措置を受けることができます。「長期優良住宅」制度は長く快適に生活できる住居を増やす目的で制定された制度で、一般住宅と比較してより多額の住宅ローン控除を受けたり、固定資産剤や登記免許税などでも優遇されます。現在の制度では2020年12月31日までに入居することで最大限に恩恵を受けることができますが、いつまでに手続きをすることでいつから特典を得ることができるのでしょうか。
長期優良住宅の申請は着工前に施主や建築会社が行うので、基本的には申請漏れの心配などは不要です。住宅ローン控除の恩恵については融資を受けた金融機関がアドバイスをしてくれるケースが多く、ローンを組んだ年末に証明書を送ってもらい、翌年に確定申告を行うことで所得税が戻ってくる仕組みとなります。

維持費のことを考えるなら長期優良住宅がおすすめ

維持費のことを考えるなら長期優良住宅がおすすめ 長期優良住宅は、維持管理・更新の容易性が認定の基準となっているので、他の住宅に比べて維持費が安いというメリットがあります。維持管理・更新の容易性ではどんなことをチェックされるかというと、内装や設備が維持管理で着やすいかどうかを確認します。
一般的な住宅の多くは、構造自体は長持ちするものになっているのに内装や設備の耐久性が長持ちしないケースが多いのではないでしょうか。それによって構造自体は長持ちしてるのに、年月が進むにつれて住み心地があまり良くない家になってしまいます。そのことから内装のリフォームがしやすいように、長期優良住宅ではこの基準を設定します。内装の設備は10~20年ほどで劣化すると言われているので、簡単にメンテナンスができるかどうかも重要なポイントになります。
購入したばかりの頃は、10年後のことなんて想像するのが難しいですが、メンテナンスの時期は確実にやってくるので、それに備えて長期流量住宅を選ぶようにしましょう。