初心者のための長期優良住宅情報サイト

長期優良住宅の条件

長期優良住宅の条件 長期優良住宅とは、長年にわたり快適に安心して暮らすことの出来る家を言います。
平成21年に開始した長期優良住宅認定制度の基準を満たし、認定を受けた家がそれに当たります。
こうした長期優良住宅の認定基準の条件がいくつかあり、そのひとつが、将来バリアフリーリフォームに対応出来るようになっているバリアフリー性が挙げられます。
次に、ライフスタイルの変化に応じて間取り変更が可能な可変性です。
また、耐震等級2以上や免震建築物などの項目をクリアした耐震性や、断熱性能などを確保しているといった省エネルギー性や、居住環境も大切な要素となります。
さらに、定期的な点検や補修などの計画が策定されている維持保全計画や、内装や設備に関して容易に維持管理を行なう為の措置が講じされている維持管理や更新の容易性も条件となるのです。
その他、数世代にわたり住宅の構造躯体が使用可能な劣化対策や、戸建であれば75m2以上で、少なくてもひとつのフロアーの床面積が40m2以上といった住戸面積を満たしていることも必要です。

長く家族が安全に住める家 長期優良住宅の防災について

長く家族が安全に住める家 長期優良住宅の防災について 私たちが日々生活する中で高額なものを買う事はそうそうあることではありません。
その高額の買い物の代表的なものに家の購入があります。
マイホームの購入は誰もが経験するものではありませんが、いざその時になると凄く悩んで家族にも相談することと思います。
家の購入の際に気を使う事は、たくさんあると思います。
金額のこと、デザインだったり、立地などです。
しかし1番大事なのは防災の対策です。
せっかく購入した家な欠陥だったりで災害で住めなくなることもあります。
なので長期間安全に住める長期優良住宅は、今注目されてます。
長期優良住宅とは長期優良住宅促進法の認定基準を満たす住宅のことです。
耐震・耐久・省エネルギー性に優れています。
その他配管の維持管理や間取りの変更が容易にできるようになっています。
200年住宅とも言われます。
家は大事な家族の命を守るものです。
子供たちの代そのまた子供たちに至るまで長く住んでいける家は最も重要なことです。