初心者のための長期優良住宅情報サイト

長期優良住宅に必要な条件

長期優良住宅に必要な条件 長期優良住宅というのは、その名の通り長い期間安心快適に暮らすことができる家のことを意味する言葉です。
なお、その名を名乗るには、平成21年にスタートした「長期優良住宅認定制度」で定められた基準をクリアしたうえで正式認定を受けることが必要です。
そんな長期優良住宅を名乗るうえでクリアが必要な基準は複数あり、新築一戸建ての場合将来のバリアフリーリフォームに対応できるようになっていること、ライフスタイルの変化に合わせて間取りが変更できる可変性を有していること、劣化対策が十分に施されていることなどがあげられます。
また、耐震性や省エネルギー性に加えて地域の居住環境の維持向上への配慮、家自体の定期的な点検や補修の計画が策定されていること、実際にそれらの維持管理や更新が簡単に行える仕様になっているかなども必要条件です。
さらに、一戸建ての場合75平米以上、少なくとも1つのフロアが40平米以上の床面積をもつことなども満たさなければなりません。

長期優良住宅は国家規模で推進されている事業

長期優良住宅は国家規模で推進されている事業 長期優良住宅とは100年、200年と住み続ける事の出来る住宅に対する呼称です。
一定の基準をクリアした住宅にだけその認定が与えられ、税金が安くなったり、補助金がもらえたりといった優遇措置を受ける事ができます。
日本は災害の多い国であり、毎年のように台風や地震の被害が報告されています。その為、国家を挙げて安全な住まいづくりをサポートするという理念のもと、長期優良住宅の建築が勧められているのです。
その基準は、長期にわたり良好な状態で住むことができ、修理やリフォームなどにも対応できる優良な住宅であることです。長年住み続ける事のできる住宅という事が保証されており、ライフスタイルの変化にも応じる事のできる質の高い住宅になります。
申請には時間がかかることも多く、費用もそれなりにかかりますが、認定されれば住宅ローン控除や税金の減額、自治体による補助金の交付などを受ける事ができるため、より良い住まい探しの際には検討してみる事をおすすめします。