初心者のための長期優良住宅情報サイト

長期優良住宅の申請方法

長期優良住宅の申請方法 長期優良住宅を申請するには、法律にもとづいて将来の維持保全の計画などを記載した申請書を作成するとともに、これに必要な図面などの書類を添付した上で、所管庁の窓口に提出する必要があります。<br>基本的にスクラップ・アンド・ビルドを前提とした社会から、よいものを長持ちさせる社会へと転換させることが目的の制度が長期優良住宅ですので、部材の劣化対策や耐震性の確保、メンテナンスの容易性などについてのさまざまな項目を書類上に記入することになっています。たとえば劣化対策であれば防腐剤を塗布していること、メンテナンスであれば排水桝に隣接して掃除口を設置していることなどが挙げられます。これらは位置や構造などを示す図面とセットですので、実際の作成にはかなりの専門性が必要です。そのためマイホームの新築を発注した人がみずから書いて提出するというよりも、基本的には住宅を建てた会社を経由して手続きを代行してもらうのが普通です。

長期優良住宅の認定基準とは?

長期優良住宅の認定基準とは? 平成21年、長期優良住宅認定制度がスタートしました。長期間にわたり安全で快適に暮らすことができる住宅を認定する国の制度で、一定の基準をクリアすることが必要です。新築時のほか中古住宅のリフォームに合わせて認定申請をすることができます。
主な認定基準として耐震性能が優れていることや、将来のバリアフリー改修に対応できる構造であること、省エネルギー性能や良好な居住環境に配慮されていることなどが挙げられます。近年は住宅のチラシや広告でも「長期優良住宅」というワードを目にする機会が増えてきました。
認定を受けるメリットとしては、住宅ローンを組んだ際に所得などにもよりますが、最大控除額が高くなる場合があります。また住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して貸し出す固定金利ローンの「フラット35」を利用するケースでは一般住宅よりも最初の10年間に限り、低い金利が適用となり月々の返済額を抑えることが可能になります。